オンラインストレージの活用法《データロストもこれで防げる!》

オンラインストレージの機能【共有とバックアップは有能機能?】

Reduction

オンラインストレージの活用法《データロストもこれで防げる!》

ファイル

致命的なトラブル

パソコンを使用する業務は多々あります。大事なデータをパソコン本体に保存していることもあるでしょう。しかし、パソコンも消耗品の一部になっているのでふとした時に壊れてしまうこともあるのです。データをパソコン本体にしか保存していない場合、故障してしまったパソコンから取り出すのは不可能に近いです。こうしたデータロストのリスクはパソコンを扱う全ての方にあるため、事前に何かしらの対策を立てておく必要があります。データロストのリスクを減らし、業務の効率も向上させてくれるサービスとしてオンラインストレージサービスが最近注目されていますよ。

オンラインストレージの特徴

オンラインストレージの特徴として、パソコン本体にあるデータをインターネット上の管理サーバーに保存することが出来ます。そのため、万が一パソコンが壊れてしまっても、サーバー上にデータが残っているので完全にデータを失わずに済みトラブルを避けることが可能になるのです。また、オンラインストレージでは会社単位、部署単位でデータを預けることが出来るので管理がしやすいという特徴を持っています。大量の書類を管理するよりも遥かに効率が良くなるので作業効率の向上も行なえるというメリットもあるのです。

クラウド共有機能

オンラインストレージサービスを提供している業者によって異なりますが、インターネット上のデータを共有することも出来ます。この機能はクラウド共有機能と呼ばれていることが多く、クラウドはデータが管理されている場所を意味しています。共有する範囲も管理者で決めることが出来るので、外部に情報やデータが漏れる心配もないのです。最近ではハッキングや情報漏洩などの問題もありますが、クラウド共有機能には高いセキュリティが施されているため安心して利用することが出来ます。インターネットに繋がる端末があればID、パスワードでクラウドを利用することも可能ですよ。

バックアップ機能とミス削減

オンラインストレージサービスではバックアップ機能と呼ばれる便利な機能が備わっているケースがあります。この機能は、編集したデータや取り込んだデータを自動的にインターネット上にコピーをする機能になっています。コピーされるタイミングは外部からデータを取り込んだ時に設定することも可能ですし、指定した日時に定期的にまとめて行なうことも可能です。このバックアップ機能はオンラインストレージサービスに必ずついているという訳ではないので、利用する際は注意しましょう。バックアップ機能以外にもメール誤送信防止機能といったものが備わっているものもありますよ。

広告募集中